WiMAX

WiMAXの契約は2年と3年のどちらが良いのか?メリット・デメリットを比較

更新日:

2年契約と3年契約のメリット・デメリット

WiMAXを契約する上で判断に困ることは、契約年数のちがいです。

WiMAXを取り扱うプロバイダーのほとんどは月額1,005円かかる「LTEオプション」が無料になる「3年プラン」を勧めているのが現状です。

そこで、実際は2年プランと3年プランではどちらが良いのかを見ていきます。

 

WiMAX2年プラン・3年プラン 月額料金の違い

毎月かかる料金は契約するプロバイダーにより様々ですが、同じプロバイダーのプランでも2年契約と3年契約では料金設定が異なります。

料金だけを考えると3年プランよりも2年プランのほうが安くなっています。

ただし、すべてのプロバイダーに3年プランは用意されておらず、2年プランしか設定のない場合もあるので注意が必要です。

パンくん
2年と3年では料金が違うんだね?
金額だけではなく、内容も少し違うけどね
わん先輩

 

2年プランと3年プランの料金比較【GMOとくとくBB】

料金比較を人気と実績があるプロバイダー「GMOとくとくBB」で比較してみました。

比較したプランは4種類、「キャッシュバックプラン」と「毎月割引プラン」のそれぞれ、2年契約と3年契約です。

並び順はつぎの通りになっています。

料金比較4プラン

  • キャッシュバック(2年)
  • キャッシュバック(3年)
  • 毎月割引(2年)
  • 毎月割引(3年)

 

「GMOとくとくBB」料金比較一覧

キャッシュバックプラン
プロバイダー 月額平均 合計 キャッシュ
バック
1ヶ月目
~2ヶ月目
3ヶ月目
~24ヶ月目
25ヶ月目以降

GMOとくとくBB
2年プラン
2,913円 69,904円
(実質料金)
34,100円 3,609円 4,263円 -

GMOとくとくBB
3年プラン
3,174円 114,260円
(実質料金)
40,900円 4,263円
毎月割引プラン

GMOとくとくBB
2年プラン
3,406円 81,748円 2,590円 3,344円 -

GMOとくとくBB
3年プラン
3,685円 132,664円 2,470円 4,263円

※合計金額には事務手数料3,000円が含まれます

料金比較の結果は、「キャッシュバック」「毎月割引」のどちらも3年プランより2年プランの方が安くなることが分かります。

パンくん
そうなんだ~、2年プランの方が安くなるんだね
料金だけを考えると、2年プランの方がオトクになるんだよ
わん先輩

 

2年プランと3年プランでは「LTEオプション」の料金が違う

毎月の料金を考えると2年プランの方が安くなることが分かりました。

しかし3年プランは月額1,005円の「LTEオプション」が無料になるので、実質はかなりオトクになると言えます。

山間部や地下鉄、地下街など「WiMAX2+」の電波の入りづらいエリアでも使用することができる「LTEオプション」を、3年プランであれば追加料金が必要ありません。

 

3年間で36,180円の節約になる

単純計算になりますが、毎月「LTEオプション」を3年間使い続けた場合、その費用は合計で36,180円となります。

しかし、2年プランと違い3年プランでは「LTEオプション」料金は一切かかりません。

「LTEオプション」を使う機会が多いのであれば、3年プランにする方がメリットが多いと言えます。

パンくん
3年プランの方がお得かも♪
ボクの使い方では、3年プランはとてもお得になるよ
わん先輩

 

「LTEオプション」が必要なひとは?

つぎのような場合には「LTEオプション」のメリットがあると言えます。

  • 仕事で使うことが多い
  • 地下街や地下鉄で利用する
  • 山間部など電波状況の悪いエリアに行く

仕事で使うことが多い(ビジネスマンなど)

特に仕事でWiMAXを使う場合には、WiMAXの電波が入らないということは通りません。

どんな場所でも必ずWiMAXが使えなくては困ります。

ビジネスでWiMAXを使う人には「LTEオプション」は必須条件、いつでも使える状況にしておく必要があります。

ビジネスでは「電波が入りませんでした」では困るからね
わん先輩
パンくん
わん先輩には『LTEオプション」が絶対いるね

 

地下街や地下鉄で利用する

電車で通勤や通学、または仕事などの移動をしている場合には「LTEオプション」を使えるほうが良いでしょう。

最近は地下街など、WiMAXの電波が使えるようになっている場合もありますが、全国的にすべてではありません。

安心してWiMAXを使うには「LTEオプション」が無料の3年プランがオススメです。

パンくん
「LTEオプション」無料は魅力かも♪

 

山間部など電波状況の悪いエリアに行く

現時点でWiMAXの電波は、殆どのエリアをカバーしているので、通常の使用用途では問題はありませんが、山間部や田舎の方で電波の届きづらい場所もあります。

WiMAXをカバーする都市部でも、ビルや壁などの建物に遮られて、WiMAXの電波が届きにくい場合もあります。

そんなときにスマホにも使われている「au 4G LTE」の電波であれば、殆どの場所で利用できるのが最大のメリットです。

ボクは色々な場所にいくから「LTEオプション」が必要かな
わん先輩
パンくん
ボクはいかないな~(笑)

 

「LTEオプション」について詳しくはこちら

「au 4G LTE」「WiMAX2+」の回線について違いと特徴について解説します。

「LTEオプション」のメリット・デメリットも詳しく説明しています。

LTEオプションの注意点「WiMAX2+」と「LTE」の違いってなに?!

3年プランにすることで「LTEオプション(1,005円/月)」が無料になりますが、実際にオトクなんでしょうか? 現在WiMAXを使っている人以外は、LTEオプションって何というのがホンネだと思うので、 ...

続きを見る

 

「W05」や「WX04」など契約できる機種が違う

2年プランでは、最新機種を選ぶことができない場合あります。

特に発売されたばかりの最新機種に関しては、3年プラン限定の場合があるので注意がいります。

パンくん
ええ~2年プランでは最新機種は使えないの?!
全部じゃないけどね、基本的に3年プランになるんだよ
わん先輩

 

「WX04」は3年プラン限定

人気のNECプラットフォームズ製「WX04」に関しては、ほぼ全てのプロバイダーで3年プランでしか取り扱いがありません。

ただし、2年プランで「WX04」を使いたい場合には、本家「UQ コミュニケーションズ」では取り扱いがあるので参考にしてください。

 

「W05」はGMOとくとくBBで2年プランあり

一番新しいHUAWEI製「W05」に関しては、一部プロバイダーで2年プランの取り扱いがあります。

最新機種で2年プランを選ぶなら「W05」がオススメと言えます。

ただし、2年プランで「W05」を選択できるプロバイダーについては「GMOとくとくBB」一択となるので注意しましょう。

 

最新機種「WX04」「W05」取り扱い一覧

機種 W05 WX04
契約年数 2年プラン 3年プラン 2年プラン 3年プラン

GMOとくとくBB

Broad WiMAX

So-net

BIGLOBE

UQ WiMAX 

最新機種「W05」「WX04」の取り扱い状況については、本家「UQ WiMAX (UQ コミュニケーションズ)」は2年・3年プランのどちらもあります。

さすが本家は全ての料金プランに最新機種が対応しています。

一方で格安なプランを提供しているプロバイダーでは、3年プランについては「W05」「WX04」のどちらも取り扱いがありますが、2年プランについては状況がかなり変わります。

WX04」は全てのプロバイダーに2年プランの取り扱いがなく、「W05」に関しては「GMOとくとくBB」に取り扱いが有るのみです。

パンくん
2年プランだと厳しいね(汗)
うん、3年プランの方が優遇されているね
わん先輩

 

WiMAX最新機種についてはこちら

WiMAX最新機種「W05」と「WX04」はどちらが良いのか?徹底比較

2018年10月の段階で人気のWiMAX端末は2つ。 2017年11月発売のNECプラットフォームズ製「WX04」 2018年1月19日発売のHUAWEI製「W05」 どちらも人気の機種のため、必ず多 ...

続きを見る

 

解約違約金のかかる期間の違い

WiMAXの契約期間について注意が必要なことに「解約違約金(解約解除料)」があります。

2年もしくは3年(4年もあり)の途中で解約をした場合、必ず「解約違約金」が発生します。

解約違約金の金額は最低でも9,500円かかり、契約から解約までの期間が短い場合には最高で19,000円になります。

パンくん
けっこう解約金ってするんだね(汗)
だからプランはしっかりと考える必要があるんだよ
わん先輩

 

2年契約の解約違約金

課金開始月を1ヶ月目として、必要になる解約違約金について、2年契約の場合には1~13ヶ月目19,000円、14ヶ月目~25ヶ月目14,000円の解約違約金が必要になります。

契約経過月数 解約違約金
1~13ヶ月目 19,000円
14~25ヶ月目 14,000円
パンくん
2年契約だと最低でも14,000円必要なんだね(汗)
解約には気をつける必要があるね
わん先輩

 

3年契約の解約違約金

3年契約の場合は2年契約よりも解約違約金の設定が細かくなります。

課金開始月を1ヶ月目として、必要になる解約違約金について、1~13ヶ月目19,000円、14ヶ月目~25ヶ月目14,000円、26~37ヶ月目9,500円と3段階の設定になります。

契約経過月数 解約違約金
1~13ヶ月目 19,000円
14~25ヶ月目 14,000円
26~37ヶ月目 9,500円
パンくん
3年契約でも解約には9,500円以上必要なんだね
そうだね、解約違約金は安くはないので注意しないとね
わん先輩

 

「解約違約金」以外にも別途費用が必要な場合がある

ここで問題はプロバイダー各社のキャンペーンや規約の違いから、「解約違約金」以外にも無料と思っていた端末代金の支払いが必要な場合があります。

それと「キャッシュバック」などのキャンペーンに対する違約金も重複して請求されます。

解約を前提に契約をすることは無いと思いますが、契約期間についてはしっかりと考えて決める方が良いでしょう。

パンくん
解約する気はないけど、ボクは2年でイイかな
3年契約はボクみたいに「LTEオプション」を使うひとには、お得でイイけどね
わん先輩

 

解約について各プロバイダーは厳しい

解約違約金以外にも必要な費用があることを想像していなかったひとは多いと思います。

しかし、WiMAXを扱うすべての会社は同じような違約金があり、費用の負担がない会社はありません。

そのことを考えると、WiMAXの契約は基本的に短期間がオススメとなります。

ただし3年契約をオススメする理由として、WiMAXの電波状況の悪い場所で「LTEオプション」が必要な場合には3年プランの方が圧倒的にお得になります。

その他にも2年ごとに他社に乗り換える手間を考えると、3年契約の方が手間が少なく良いという意見もあります。

 

2年契約と3年契約のメリット・デメリットのまとめ

解約違約金やその他の違約金のことを考えると、基本的に2年契約をすることが一番のオススメになります。

しかし、3年契約でしか選べないWiMAXの最新機種であったり、2年プランでは月額1,005円かかる「LTEオプション」を3年プランでは無料で使うことができるのは大きなメリットです。

本当に自分に一番必要なことを考えて、契約年数を選ぶようにしましょう。

パンくん
これは2年と3年で迷うな~
3年プランのメリットが大きいから、すごく迷うね
わん先輩

 

メリット・デメリット比較

契約年数 メリット デメリット
2年
  • 契約期間が短い
  • 月々の使用料が安い
  • 最新機種が選べない
  • 「LTEオプション」の使用料が月に1,005円必要
3年
  • 最新機種を選択できる
  • 「LTEオプション」が無料
  • 契約期間が長い
  • 月々の使用料が2年契約より高い

 

パンくんとわん先輩の決めたプランはコレ!

WiMAX初心者のパンくんと、知識豊富なわん先輩が決めたプランはつぎの通り。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

パンくんの選ぶWiMAXプランNO.1

パンくんのベストプラン

  • GMOとくとくBB
  • 「ギガ放題2年」毎月割引
  • 最新機種「W05」
パンくん
WiMAX初心者のボクが選んだベストだよ♪

 

わん先輩の選ぶWiMAXプランNO.1

わん先輩のベストプラン

  • GMOとくとくBB
  • 「ギガ放題3年」キャッシュバック
  • 最新機種「WX04」
ボクの使用状況では一番良いプランになるよ
わん先輩

WiMAXはどのプランに決めるのか、契約年数はどうするのか?

「キャッシュバック」キャンペーンにするのか、それとも「毎月割引」にするのか、わん先輩とパンくんの決めたプランを元にアドバイスします。

オススメの詳細はこちらの記事でどうぞ → WiMAX究極のオススメ2選!

 

パンくん
WiMAX初心者のボクが、なぜそのプランを選んだのか紹介するよ!
ボクの決めたプランも、とても参考になるよ
わん先輩

 

WiMAXってなに?!

お得なプランや疑問点を詳しく解説します。

\ クリック /

-WiMAX

Copyright© WiMAX比較navi , 2018 All Rights Reserved.